2014.08.22

【リトルリーグ】日本が痛恨の2被弾で韓国に惜敗

  • カルロス山崎●文・写真 text & photo by Carlos Yamazaki

リトルリーグ・ワールドシリーズレポート(3)

 リトルリーグ・ワールドシリーズ(※)で日本代表の東京北砂リトルリーグはアジア・パシフィック代表の韓国に2-4で敗れ、日本時間8月22日に行なわれるメキシコ代表との敗者復活戦に回ることになった。
※米国内8チームと世界各地の代表8チームの計16チームが出場し、毎年8月、米国ペンシルベニア州ウィリアムズポートで開催される。選手の年齢制限は4月30日の時点で9歳~12歳。

韓国に敗れ、悔し涙を流す東京北砂リトルの選手たち

 日本の先発は、初戦のベネズエラ戦で6回を1安打無失点、14奪三振の快投を見せた高橋卓央(13歳)。前回同様、3者三振という素晴らしい立ち上がりを見せ、3回途中まで8者連続三振と韓国打線を圧倒した。しかし、振り逃げでこの日はじめて走者を許すと、二死一塁から1番のチェに特大の2ラン本塁打を浴び、先制を許してしまう。

 日本も直後の3回裏、この回先頭の1番・金森優が死球で出塁すると、2番・上島颯人の二塁打で無死二、三塁と絶好の好機を作った。3番の竹内廉はピッチャーゴロに倒れたが、4番・冨田進悟がセンターへ犠牲フライを放ち1点差。さらに、5番・高橋の打席で相手投手が暴投し、三塁走者の上島が生還。すかさず同点に追いついた。

 その後、韓国は継投で踏ん張り、日本も4回からマウンドに上がった金森の好投で試合は2-2のまま最終回の6回に入った。