2014.08.10

長島三奈の熱闘甲子園、「松坂世代」の衝撃!

  • スポルティーバ編集部●取材・文 text by Sportiva
  • 北川鉄雄●撮影 photo by Tetsuo Kitagawa

『熱闘甲子園』元キャスター、長島三奈さんインタビュー(1) 

 第95回夏の全国高校野球選手権が、(9日、10日中止のため)明日11日に開幕する。そして、大会と同時に高校野球ファンなら見逃せない熱闘甲子園も始まる。

 この番組は試合のダイジェストにとどまらず、地方大会から取材を試み、練習場や宿舎までカメラが入り、バイプレーヤーや裏方までフォロー。”高校野球”ならではのドラマや奥深さを余すことなく伝えてくれるところが魅力。そこで昨年までの15年間、キャスターとして、球児を見守り続けたのが、長島三奈さん。現役球児も、そしてかつての球児たちも、親しみを込めて「三奈さん」「三奈ちゃん」と慕う、お姉さん的存在だ。

現在もフリー記者として、高校野球を取材している長島三奈さん。もちろん、今年も甲子園へ「91年にテレビ朝日に入社して、スポーツ取材に携わっていましたが、高校野球は取材したことがなかったんです。8月になると、1日中テレビがついてるな、くらいの感覚で。98年、このキャスターを引き受けて、大げさではなく、私の人生が大きく変わりました。一回り以上、年下になる球児たちに人生で大切なものを多く学びましたし、高校野球はもう仕事ではなく、ライフワークです」