2012.07.13

【高校野球】未来の大器が揃った関東。
北関東にはプロ注目の好素材が集結

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

今春のセンバツでベスト4の原動力となった健大高崎の捕手・長坂拳弥 例年なら「ドラフト上位候補」が何人も出てくる関東だが、今年はそうした「上ダマ」がなかなか見当たらない。その代わりといってはなんだが、大学、社会人で経験を積めばピカッと光る存在に生まれ変わりそうな好素材の選手は何人もいる。

 まずは個性派の大型選手がひしめく山梨。山梨学院大付には昨年から背番号1を背負っていた広瀬直紀(3年/180センチ 78キロ/左投左打)が今年も健在。左腕から繰り出すスライダー、チェンジアップで、打者の左右に関係なく三振が奪える。一時期調子を落としていたが、夏に向けてどこまで復調しているのか。

 その広瀬が不調の間、急成長を遂げたのが平間凛太郎(3年/187センチ 84キロ/右投右打)。長身から投げ込む130キロ台後半の速球とスプリットで攻める本格派。左右の大型投手を擁する山梨学院大付の戦いにも注目したい。

 その他、山梨では日本航空のエース・堀誠(3年/185センチ 79キロ/右投右打)の成長ぶりは目を見張るものがある。好調時なら140キロ台後半を出せる馬力と、落差の大きい独特なカーブ。今年の関東地区では数少ないドラフト候補だ。

 日本一の激戦区・神奈川からは慶應義塾のライト・齋藤大輝(3年/182センチ 79キロ/右投左打)と横浜商のショート・山口達也(3年/183センチ 76キロ/右投右打)のふたりを推したい。

 齋藤は高校、大学時代の高橋由伸(巨人)がピタッと重なる逸材。低い弾道で伸びていく打球に、強肩と広い守備範囲、さらに俊足。グレーの「慶應カラー」も似合っていて、すでにスター性も発散させている。一方の山口は、坂本勇人(巨人)のような流麗なフィールディングと、柔軟なリストワークを駆使した広角打法が光る。手足の長い体型だが、ボディーバランスは抜群。