2019.03.31

【新車のツボ153】ホンダNSX。
これぞ、現代の公道を走るF1だ

  • 佐野弘宗●取材・文・写真 text & photo by Sano Hiromune

 ホンダNSXは現在売られている日本車では最高額商品だ。お値段、じつに2370万円!

ちなみに、スーパーGTでNSXと争ってきたライバルも各社の最高額ハイエンドスポーツカーだが、レクサスLC(第135回参照)は最上級グレードで1400万円台、日産GT-R(第151回参照)のそれも1900万円弱だ。

……このように日本車ではNSXが飛びぬけて高価なのだ。その2000万円台中盤という価格設定はポルシェ911ターボにフェラーリ・ポルトフィーノ、アストンマーティン・ヴァンテージといった名門スーパーカーたちと完全にガチンコ。同じ日本代表のGT-Rがこれらと同等以上の速さを豪語しつつも、「そのわりに安いっしょ!」と、1000万円台の価格で売るのとは好対照である。

 それどころか、この価格帯の欧州スーパーカーは大半がV8エンジンなのに、V6エンジンのNSXは、その意味でもお高め。しかも、LCやGT-Rが一応は4人乗れる日常性も加味したツーリングカー的パッケージなのに対して、NSXは2人乗りのミドシップというツブシのきかない完全なスーパーカー……という点でも強気と言うほかない。