宮司愛海アナが感じる、新型コロナウイルス感染症が変えたスポーツ取材の在り方

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 スポーツ界に話を戻しましょう。

 ドイツを皮切りに海外ではサッカーがすでに再開、日本でもついにプロ野球が開幕し、JリーグもJ2・J3は6月末、J1は7月から再開されます。

 プロ野球については開幕日が決まらず、選手の皆さんはもちろんファンの皆さんもやきもきする日々を送ってこられたのではないでしょうか。

 ついに開幕を迎え、「野球のある日常」が返ってきたことで改めてスポーツを生で見ることの価値や楽しさ、喜びを再確認できた気がします。

 当たり前にスポーツを楽しめる、このありがたさや尊さを忘れずにいたいと私自身強く感じつつ、一人ひとりの努力が実り、ポストコロナのスポーツ界がさらに素晴らしいものとなるよう祈っています。

PROFILE
宮司愛海(みやじ・まなみ)
91年7月29日生まれ。2015年フジテレビ入社。
福岡県出身。血液型:0型。
スポーツニュース番組『S-PARK』のメインキャスター。スタジオ内での番組進行だけでなく、現場に出てさまざまな競技にふれ、多くのアスリートに話を聞くなど取材者としても積極的に活動。フジテレビ系東京2020オリンピックのメインキャスターを務める。

■フジテレビ系 スポーツニュース番組『S-PARK』
毎週土曜日 24時35分~25時15分
  日曜日 23時15分~24時30分

★『S-PARK』の公式HPはこちら>>
★『S-PARK』のTwitterはこちら>>
★宮司愛海アナのInstagramはこちら>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る