2020.09.02

宮司愛海アナが竹下陽平アナに聞く。
宮里藍選手インタビュー秘話

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第15回

連載1回目からはこちら>>

フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった宮司愛海アナの連載『Manami Memo』。第15回は、長年フジテレビのゴルフ中継に携わり、宮司アナにとって大先輩にあたる竹下陽平アナとの「ゴルフ対談」。

先日、国内ツアー2戦目が行なわれた女子ゴルフや、待望の国内男子ツアー初戦となるフジサンケイクラシック(9月3日~6日/富士桜カントリー倶楽部)の見どころ(後編)などで話は盛り上がった。

大先輩との対談にちょっぴり緊張していたように見えた宮司愛海アナ宮司  竹下さんとゴルフの話をするのは、意外ですが初めてですね。いつ頃からゴルフ中継を担当されているんですか?

竹下 入社して3年目くらいかな。1999年からゴルフ中継班です。

宮司 当時活躍していた選手というと?

竹下 宮里藍さんがちょうど(アマチュアでプロツアーに)出始めた頃。2000年のフジサンケイクラシックで、尾崎健夫選手に優勝インタビューしたのを覚えていますね。ジェット尾崎さん、宮司は知ってる?

宮司 ジャンボ尾崎(尾崎将司)さんはわかります。

竹下 「尾崎三兄弟」と呼ばれる、次男が健夫さん。ジャンボさんが長男で、三男が直道さん。彼らがまだ、レギュラーツアーでバリバリの頃から(ゴルフ中継の)担当しています。

宮司 相当長いですね。

竹下 取材歴は20年以上になります。

宮司 竹下さんはスポーツアナウンサーとして、大変尊敬している方なのですが、日頃から本当に気さくでコミカルで、人を楽しませる力を持っている先輩。フジテレビアナウンス室で、唯一無二の存在です。

竹下 僕から見た宮司は、スポーツキャスターとして模範になるアナウンサーだね。

宮司 おー、うれしい!

竹下 ちょっと持ち上げすぎたかな(笑)。でも、本当に取材の労力を厭(いと)わないよね。だから、報道をやっても一流になると思う。スポーツ番組で実際に放送されている話って、取材したネタのほんのひと握りだけど、ひと握りのネタを集めるために、その10倍、100倍の取材をしなきゃいけない。アナウンサーは出役なのに、テレビに映らない仕事を嫌がらないところが鏡だなと思います。

宮司 ありがとうございます。でも、それは、先輩たちの仕事ぶりを見て、自分もそうあるべきだ、って感じているからですよ。

竹下 そんなの教えたことないけど(笑)。

宮司 ちゃんと背中は見ています。(番組で使われるのは)ひと握りであっても、何かあったときに出せるものを持っていることが、やはり仕事の自信につながるわけですから。それは先輩方から学んだことです。

竹下 言われてやるんじゃなくて、自分で必要だと思ってやっているところがすごいよ。