2019.09.13

宮司愛海アナが思わず微笑む。
女子バレー日本代表3選手の不思議な関係

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第1回

第2回はこちら>>

スポルティーバとフジテレビの人気スポーツニュース番組『S‐PARK』のコラボ企画が実現! メインキャスターを務める宮司愛海アナウンサーの連載『Manami Memo』が本日よりめでたくスタートします。宮司さんが番組を通して取材した、たくさんの「Memo」の中から、いろんな情報を届けてもらいます。それでは宮司さん、よろしくお願いします。

 スポルティーバ読者のみなさん。フジテレビアナウンサーの宮司愛海です。これから月1、2回の頻度で連載を始めさせていただきます。私が取材を通して感じた競技の魅力や、選手の想い、素顔などをたくさん伝えていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

 最初のテーマは、いよいよ間近に迫った『FIVBワールドカップバレーボール2019』について。9月14日から、まず女子の戦いが幕を開けます。私もキャスターとして、全戦会場から熱戦をお届けします。

 今回の女子日本代表で注目されているのは、やはり石井優希選手(28歳)、古賀紗理那選手(23歳)、黒後愛選手(21歳)の3人のサイドアタッカー陣ですよね。石井選手や黒後選手はパワフルなスパイクを打ち、古賀選手はコースの打ち分けがすばらしい。木村沙織さんという大エースが抜けたあとで、どういった形で日本の新しいエースが生まれるかは、今大会の見どころのひとつだと思っています。

 古賀選手は昨年インタビューをさせていただいた時に、前回のリオオリンピックでメンバーから落選した悔しさがあると語っていました。ワールドカップに関しては、4年前の大会(19歳で初出場)では、自分のプレーだけにうまく集中してできたそうです。今回のワールドカップは、この4年間で経験したいろんなことを発揮できる大会になると思います。

 黒後選手は、本格的に日本代表に参加したのは昨年からですが、お会いするたびに頼もしくなっているのを感じます。最初にインタビューしたのは昨春の初招集の時で、自分のアピールポイントは「笑顔です」と答えていました(笑)。

 その時はまだ雰囲気が柔らかく、フレッシュな印象でしたが、8月10日、11日に埼玉県深谷で行なわれた親善試合(対チャイニーズ・タイペイ)では、気持ちのこもったプレーから精神面の成長を感じました。

 石井選手は、実は私と同い年。古賀選手や黒後選手といった後輩たちが台頭するなかで、「自分がどうプレーをしていけばいいか」という課題に向き合いながら、彼女らしいプレーを見せてくれるのではと期待しています。