2019.09.27

宮司愛海アナが驚く石川祐希選手の
意外な役割「海外遠征では…」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第2回

第1回はこちら>>

フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』でメインキャスターを務める宮司愛海アナの新連載『Manami Memo』。第2回のテーマは、前回に引き続きバレー。男子日本代表のメンバーについて語ってもらいます。

バレー男子日本代表の魅力について語った宮司愛海アナ

『FIVBワールドカップバレーボール2019』の男子は、10月1日から行なわれます。男子日本代表の注目選手といえば、まずエースの石川祐希選手、キャプテンの柳田将洋選手。ふたりを取材して感じるのは、自分の思いや考えを、しっかり言葉にして伝えるということです。

 私が取材をさせていただいた時、こちらが「1」質問をしたら、「10」の情報が返ってくる感覚があるんです。確固たる自分の目標があって、そこに向かっている強い思いや姿勢がすごく伝わってきました。ふたりとも海外のクラブでプレーする中で、そういう姿勢が身についたのだと思います。

 今大会、初めて代表に選出され、ワールドカップデビューで目を見張る活躍を見せた女子日本代表の石川真佑選手のお兄さんでもある石川選手は、以前は取材が大の苦手だったとも聞いたことがありますが、今はまったくそんなことは感じません。「個人の能力を高めないといけない」と課題をはっきりと口に出すところに、私も刺激を受けますし尊敬しています。

 プレーに関しては、攻撃だけでなく守備の技術も高い選手だと思います。ここ数年で体つきもたくましくなり、少年らしい表情だったのが、今では精悍な顔つきになりましたよね。意外なのは、男子日本代表では年齢が下から3番目なので、エースにもかかわらず海外遠征などの時には洗濯係をやっているということ。「早く年下の選手がもっと入ってきてほしい」と話していました(笑)。

 一方、昨シーズンからキャプテンを務める柳田選手も、意思を伝えることを大事にしていることがわかります。精神面、プレー面でもチームに安定感をもたらす選手だと思いますが、今年2月に左足首・8月に腹筋のケガをした影響が心配されていました。しかし、9月のアジア選手権への出場もありましたし、本人も「もう大丈夫」と話されていたのでワールドカップへの準備は万全なようです。