2017.06.12

酒井高徳のキャプテン経験は、
過酷なアウェーのイラク戦でこそ生きる

 

 ロシアW杯のアジア地区最終予選で、グループB首位(勝ち点16)の日本代表は6月13日(火)にイラクと対戦します。イラクは同グループ5位(勝ち点4)ですが、昨年10月のホームでは、試合終了間際の山口蛍選手のゴールで2-1として勝利したものの、最後まで苦しめられました。

 今回のイラク戦の会場はイランのPASスタジアム。中立地での開催とはいえ、実質はアウェーです。難敵から勝ち点を獲得するためにも、チーム一丸となった戦いが求められる一戦で、私が注目しているのが、ブンデスリーガ1部のハンブルガーSV(HSV)所属の酒井高徳選手です。

4-0で勝利した、今年3月のタイ戦に先発出場した酒井 photo by Getty Images 酒井選手は、HSVが2部降格の危機にあった2016-2017シーズン途中からキャプテンを務め、チームを牽引してきました。そして、最終節でヴォルフスブルクに勝利して残留を決めた際には、試合後のピッチ上で、サポーターから「よくキャプテンを引き受けてくれた!」と感謝の言葉をかけられたそうです。残留を決めて涙を流していた酒井選手でしたが、「(チームが不調のときは)常にいいことばかりが聞こえてきたわけではなかったので……」と、苦しい時期を乗り越えてきた胸の内を明かしてくれました。