2017.03.27

「日本代表は永遠に夢」。
槙野智章の存在がハリルJを活性化する

  3月23日のUAE戦に勝利し、ロシアW杯本大会出場へまた1歩前進した日本代表。28日のタイ戦にも勝って、さらに勝ち点を積み重ねてほしいところです。

 タイ代表との試合はホームの埼玉スタジアム2002で行なわれますが、連戦の疲労を考慮してスターティングメンバーを入れ替える可能性も十分あると思います。その中で私が注目しているのが、浦和レッズに所属する槙野智章選手です。先日、ある番組でじっくりお話を聞くことができました。

高い身体能力を活かし、CBとSBの両方をこなす槙野 photo by AFLO 昨シーズン、J1のリーグ戦29試合に出場した槙野選手は、リーグ最少失点(28失点)に抑えた浦和DF陣の中心として、チームの年間勝ち点1位獲得に大きく貢献しました。また、2年連続でベストイレブンに選出され、今回のW杯最終予選でも日本代表にDFで招集されています。その槙野選手、実は、サッカーを始めた頃のポジションはFWでした。

 広島県広島市で生まれ育ち、紫のユニフォームを着てサンフレッチェ広島の試合を観に行くことをなによりも楽しみにしている子どもだった槙野選手。そんな槙野少年がサッカーをやっていた2人の兄の影響もあって、サッカーを始めたのは7歳の時でした。

 ただ、当時通っていた小学校のサッカー部には4年生からでないと入れないというルールがあったため、1年生から参加できる隣町の小学校のサッカークラブに入部しました。このとき、槙野選手は自分で隣町にあるその小学校まで交渉に行き、入団テストを受けて合格したといいます。三つ子の魂百まで。少年時代から、今のプレースタイル同様アグレッシブだったのだなと思いました。