2017.08.30

帰ってきたキャプテン長谷部誠は、
「残り2試合、1つ勝てばいい」と冷静

 

 ロシアW杯アジア最終予選も、いよいよ2試合を残すのみとなりました。勝ち点17でグループB首位の日本代表は、勝ち点差「1」の2チーム、オーストラリアとサウジアラビアとの試合を残している難しい状況にあります。

 サウジアラビアが8月29日のUAE戦に2-1で敗れて勝ち点を積み上げられなかったため、日本は31日にオーストラリアに引き分け、あるいは負けても、次のサウジアラビア戦に引き分け以上であれば、W杯出場が決まります。

 それでも、最終戦はアウェーで戦うため、オーストラリア代表をホームに迎える31日の試合で勝利してW杯出場権を手にしてほしいと、誰もが願っていると思います。ただし、現在のアジア王者・オーストラリアに対して、日本は過去のW杯予選で0勝2敗5引き分けと、まだ勝ったことがありません。そんな厳しい戦いが予想される中、頼れるキャプテンである長谷部誠選手が戻ってきました。

オーストラリア戦に向け、調整を行なう長谷部 photo by Getty Images ドイツ・ブンデスリーガ、フランクフルト所属の長谷部選手は、今年3月のバイエルン戦で、相手のシュートをクリアした際にゴールポストに激突して左すねを6針縫う重傷を負います。その後、一度はUAE戦を控えた日本代表に合流しますが、試合前にチームを離脱。今度は右ヒザの軟骨損傷が発覚して手術を余儀なくされました。