2017.11.08

乾貴士、ブラジル戦の標的は
「バルサ時代にやられたダニ・アウベス」

 
 ロシアW杯に向けてチーム強化を進める日本代表は欧州に遠征して、現地時間の11月10日(金)にブラジル代表、14日(火)にベルギー代表と戦います。強豪国相手にどこまで通用するのかを確かめるためにも重要な試合です。また、今回は本田圭佑選手や香川真司選手、岡崎慎司選手らがメンバーから外れるなど、ベテラン、若手選手による競争がさらに激しくなっています。

欧州遠征で活躍が期待される乾貴士 photo by Sano Miki とくに熾烈なポジション争いが続く攻撃陣のなかで、定位置を獲得すべく闘志を燃やしているのが、リーガ・エスパニョーラのエイバルに所属する乾貴士選手です。

 乾選手の名が全国に広まったのは、”セクシーフットボール”で話題となった野洲高校時代。2年生のときには選手権優勝に貢献するなど活躍し、2007年に横浜F・マリノスに入団します。その18歳のとき『やべっちF.C.』にVTRで出演して、リフティングの宿題を出してくれたのですが、当時からその技術の高さにみんなが驚いていました。それ以来、乾選手は番組スタッフから「先生」と呼ばれています(笑)。

 その後、横浜FM、セレッソ大阪で経験を積んだ乾選手は、2011年8月にブンデスリーガ2部のボーフムに移籍。欧州でのキャリアをスタートさせ、1部のフランクフルトを経て、2015年に憧れの地であるスペインへ。1部に昇格したばかりで、リーグでは小さなクラブであるエイバルへの移籍でしたが、乾選手は「即決でした」と、まったく迷いがなかったといいます。乾選手が「スペインでサッカーがしたい」と思うきっかけとなった、バルセロナやレアル・マドリードと同じ舞台に立つことになったのです。