2020.02.28

傳谷英里香さん、ランニングの推進力がアップ!正しい腕の振りをマスターせよ!

  • photo by Noto Sunao(a presto)

『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第22回●ランニングの正しい腕の振り方(第21回はこちら>>)

 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、今年5月に開催されるホノルルトライアスロン完走を目指してトレーニングを実施中! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第22回は、ランニングの腕振りを学びます。

トップス:メッシュTシャツ/インナー:パワーフィットブラ/パンツ:ムーブクロスショートパンツ/シューズ:ウエーブライダー22(以上、ミズノ)●肩甲骨の動きを意識して、脇を締めてコンパクトに腕を振る

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、ランニングの腕振りについて説明します。ランニングは足で地面を蹴って進みますが、よくない腕振りをしているとフォームが崩れてしまうんです。傳谷さんの現在の腕振りを確認しますので、立ったままの状態で腕を振ってみてください。

傳谷英里香(以下:傳谷)あまり腕の振りを意識したことはなかったですが......どうですか?

中島コーチ すごくいいですね。よかった点は、肘を曲げてコンパクトに振れているところです。試しに、肘を伸ばして腕を振ってみると、違いがわかると思います。

傳谷(肘を伸ばして腕を振ると)体が腕を振る方向に引っ張られるように感じます。

中島コーチ 肘を伸ばすと、肩から手までの距離が長くなるので、腕を振った時の勢いに体が持っていかれてしまいます。なので、肘を曲げてコンパクトに振ることが重要なんですが、現時点で傳谷さんはそれができていますね。

傳谷 よかったです!