2020.03.30

内田理央さん、ゴルフの構え方を学びミート率UP!「猫背はダメ」

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

 第2回 構え方(アドレス)  第1回はこちら>> 第3回はこちら>>

 内田理央(うちだ・りお)さんが、ゴルフに初挑戦! 6カ月でコースデビューを目指すレッスンがスタートしました。指導するのは、初心者からプロまで、幅広い層にレッスンを行なっている関浩太郎コーチ。第2回は、ゴルフスイングで大切な、打つ前の構え方(アドレス)を学びます。

↓【動画】構え方(アドレス)

内田理央(以下:内田)今日もよろしくお願いします。

関浩太郎(以下:関コーチ)よろしくお願いします。前回は、打つ前の構え方とか、クラブの握り方とか、一般的なレッスンをすっ飛ばして、いきなり打ってもらいました。

内田 打てましたねー! ちょっとびっくりしました。

関コーチ それで、もっと当たりをよくするために、今日は構え方をお教えしたいと思います。

内田 はい。

スタンスは肩幅で体を回転しやすく

関コーチ では、ちょっと構えてもらっていいですか? 好きなようで結構ですので。

内田 わかりました。これでどうでしょう?

関コーチ 直したいところが2つあります。1つ目は足の幅です。前回の第1回の時は、体をクルクルっと回して打ちました。これからもっとゴルフがうまくなって、打ったボールを遠くへ飛ばすようにする時に大切なのは、体の「回転スピード」です。これでクラブのヘッドスピードが上がり、ボールの飛距離につながります。つまり体が右に向いたあとに、左に向けるスピードが速ければ速いほど飛距離が出ます。

内田 体の回転で飛距離を伸ばすんですね。

関コーチ そうなんです。それで、この時スタンスを広く取ってしまうと、体がガッチリ固定されてしまって回り難くなります。