2020.03.23

内田理央さん、ゴルフに初挑戦。スイングを学び、いきなり打ってみた

  • photo by Setsu Takahiro(biswa)

 第1回 スイングの仕組み  第2回はこちら>>

 内田理央(うちだ・りお)さんが、ゴルフに初挑戦! 6カ月でコースデビューを目指すレッスンがスタートします。指導するのは、初心者からプロまで、幅広い層にレッスンを行なっている関浩太郎コーチ。第1回は、ゴルフスイングの仕組みを学び……そして内田さん、いきなり打ちます!

↓【動画】スイングの仕組み

内田理央(以下:内田)みなさんこんにちは。内田理央です。この度、スポルティーバさんでゴルフの連載をすることになりました! このゴルフ連載の最終目標は、「半年でコースデビュー!」です。
 
 今回からこのSEKI GOLF CLUB 目黒さんで、ゴルフのことを教わりたいと思います。みなさん、ゴルフ初めてという方も、自信あるよという方も、一緒にゴルフについて楽しく学びたいと思います。頑張りますので、よろしくお願いします。

ドライバーとアイアンとパター

内田 それでは関コーチ。よろしくお願いします。私、ゴルフをやったことがなくて。ちょっと難しそうだなとドキドキして来たんですが、大丈夫でしょうか?

関浩太郎(以下:関コーチ)大丈夫です。最初にちゃんとしたレッスンを受けて、我流でやらないということがすごく大事です。

内田 なるほど。我流でやると、やっぱりよくないんですか?

関コーチ 難しいスポーツなので、最初はコーチにしっかりついてやるというのがとても大事です。

内田 じゃあ、これから始めようという方は、これを観ることが結構大事だったりしますかね?

関コーチ そうですね。ぜひ参考になさってください。

内田 みなさん、まばたきしないでご覧ください。

関コーチ (ゴルフクラブ3本のうちひとつ)これは何かわかりますか?

内田 これはいちばん見ますね。

関コーチ これは、いちばん遠くへボールを飛ばす、「ドライバー」というクラブです。ちょっと持ってみてください。軽いです。

内田 ああ、びっくり! もっとすごい重いものかと思ったら、全然ラクラク持てますね。こんな軽いんだ。

関コーチ そして、これが「アイアン」です。アイアンはセットになっていて、たくさん本数があるんですけど、そのうちの1本をここに置いています。ドライバーでボールをかっ飛ばしていただいて、旗に向かってボールを運んでいくんですが、そこに近づいてきたらこのアイアンに持ち替えて打ちます。

 そしてグリーンと言って、ボールを転がすところにアイアンで運んだら、最後は転がして穴に入れる。その時に使うのがこちらのパターですね。

内田 これ(パター)は意外と重いですね。

関コーチ パターがいちばん重いです。クラブの長さが短くなるにつれて、重くできています。

内田 そういう作りなんですね。不思議。