2019.03.26

【書籍紹介】『一徹 智辯和歌山 高嶋仁
甲子園最多勝監督の葛藤と決断』

 2018年に100回大会を迎えた夏の甲子園。その100回の歴史の中で、数々の名勝負、名選手、そして名監督が生まれてきた。

そんな長い歴史を誇る甲子園において、誰よりも多く勝利を収めている監督が、智辯和歌山高校・高嶋仁監督(現・名誉監督)である。

智辯学園、智辯和歌山を率い、春夏の甲子園出場38回、通算勝利68勝はいずれも歴代最多。

古希を迎えてもなおグラウンドに立ち続けていたが、2018年夏を最後に惜しまれつつ勇退。

それに至るまでの様々な葛藤や心の揺れ、「平成の王者」と言わしめた隆盛時代、翳りが見え始めた中での謹慎、それでも貫き通した信念――。

本人へのインタビューを中心に、教え子、対戦監督、故郷、家族……総勢40名以上の関係者が知られざる真実を語る。

この10年誰よりも高嶋を追い、本人からの信頼も厚い著者・谷上史朗が綴る渾身のノンフィクション作品。

【目次】
一章:不意の電話
二章:原点
三章:壁
四章:異動
五章:頂
六章:翳り
七章:歩き続けて
八章:揺れ
九章:難敵
十章:逡巡
十一章:運命の夏
十二章:戦い終えて
十三章:不在

【発行】インプレス

【発売日】2019年4月26日

【定価】本体1800円+税

購入はこちらから>>

1

関連記事