2021.10.08

櫻坂46菅井友香が「ゴリゴリマッチョだった」馬術選手時代。「今でも思い出すと悲しい」出来事で大切なことを学んだ

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

櫻坂46菅井友香が語る馬術
インタビュー@前編

櫻坂46のキャプテンとしてグループを引っ張る菅井友香さん。"がんばりき"ポーズがトレードマークである彼女は馬術競技の経験者。学生時代には大会上位入賞経験もあり、2017年から5年連続で日本馬術連盟「馬術スペシャルアンバサダー」を務め競技普及活動に貢献している。そんな菅井さんに乗馬との出会いから、馬術競技の魅力、馬から教わった大切な学びについて語ってもらった。

学生時代に馬場馬術に取り組んでいた櫻坂46菅井友香さん学生時代に馬場馬術に取り組んでいた櫻坂46菅井友香さん この記事に関連する写真を見る
ーーまず、乗馬を始めたきっかけを教えてください。

菅井友香(以下、菅井)
 小学5年生の時に親友から乗馬のスポーツ少年団に誘われたのがきっかけです。私自身、馬がすごく好きでしたし、馬術部がある大学主催のイベントで乗馬をよく体験させてもらっていて興味がありました。実際に習い始めてみると、すごく楽しくて、一気にのめり込んでしまいました。

ーー乗馬は難しそうなイメージがあります。すぐに乗りこなせましたか? 

菅井 最初はやはり難しかったです。馬は本当に頭がいい動物なので、乗るのがうまくないとまったく言うことを聞いてくれません。当時の私はまだ体が小さかったというのもあり、かなり苦戦しました。振り落とされることなんてしょっちゅうでした。6年生の時には落馬して右肩を骨折してしまったことも......。