2021.10.08

櫻坂46菅井友香「あの時があったから、今は大丈夫」。「悔しくて布団のなかで泣いた」日々がアイドル活動に生きる

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

櫻坂46 菅井友香が語る馬術
インタビュー@後編

前編から読む>>

櫻坂46キャプテンの菅井友香さん。中学時代から馬術競技のひとつ「馬場馬術」を本格的に始め、大会でも好成績を収めた。現在は日本馬術連盟「馬術スペシャルアンバサダー」として競技の魅力を伝えている。乗馬との出会いや馬術競技の魅力を聞いたインタビュー前編に続き、後編では、今夏開催された東京五輪・パラリンピックでの馬術競技や競技経験から学んだことについて聞いた。

馬術の奥深さを熱く語った櫻坂46菅井友香さん馬術の奥深さを熱く語った櫻坂46菅井友香さん この記事に関連する写真を見る
ーー東京五輪・パラリンピックの馬術競技を観戦しましたか? 

菅井友香(以下、菅井) もちろんチェックしていました! 五輪のほうでは、私が小学5年生の時に入っていた乗馬クラブで指導してくださった、全日本選手権3度の優勝を誇る馬場馬術の林伸伍選手が出場していたので、すごく楽しみにしていたんです。 

ーー林選手の試合はどう映りましたか? 

菅井 大舞台で堂々と騎乗されていたので、本当にすばらしかったなと思いました。林選手はふだんから緊張が顔に出ないタイプなんですけど、やはり本番もいつもどおりで、さすがでした。あとは総合馬術で4位に入賞した戸本一真選手もいい戦いをしていて、日本のレベルもとても上がっているなと実感しました。 

ーー他国の選手はいかがでしたか? 

菅井 「馬術王国」と呼ばれるドイツは、団体・個人ともに最高峰の技術で圧巻でした。個人的には、障害馬術団体で銀メダルを獲得した、アメリカ代表のジェシカ・スプリングスティーン選手がとても綺麗でカッコよかったなと思います。最後まで笑顔で演技していたので、見ている私も自然と笑顔になってしまうような。楽しく、美しいパフォーマンスでした。ファンになっちゃいましたね。