2021.01.22

池江璃花子の2021年初戦。心の奥で炎を燃やし続け「全力で楽しむ」

  • 田坂友暁●取材・文 text by Tasaka Tomoak
  • 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

 池江璃花子(ルネサンス/日本大学)が、2021年に入って復帰3戦目を迎える。

 2019年、2月に白血病を公表した池江は、約1年にも及ぶ闘病の末、病を克服。2020年8月29日、東京都特別水泳大会の50m自由形で、594日ぶりにレース復帰を果たした。

10月のインカレでは4位ながらも、晴々とした表情を見せた池江璃花子 その姿はどこか初々しい。日本選手権も、世界選手権も、五輪も経験してきた彼女が、世界のトップスイマー相手にも見せたことのないこわばった表情を見せていた。

 だが、水に入ってしまえば復帰したばかりとはいえ"選手"だった。

 大きく伸びやかな泳ぎに、軸のぶれない姿勢。ゆったりと見えるストロークは、水を捉えている証拠だ。

 記録は26秒32。24秒21の自己ベストから比べたら平凡なタイムかもしれない。だが、彼女にとっては「不安もありましたが、楽しかったです。第二の水泳人生が始まったんだな、と感じました」と、心より待ち望んだ瞬間に喜びを噛みしめるレースとなった。

 このとき、彼女の周りの誰もが『プールに帰ってこられただけでも十分ではないか』と思っていた。関係者も、ファンも、メディアも、だ。しかし、そう思っていない人がひとりだけいた。池江本人である。

「ラスト15mで呼吸をしたんですけど、自分が周りより少し前に出ているのがわかりました。身体もきつくて思うように動かなかったんですけど、このまま負けたくない、という気持ちが出てきて最後まで頑張れました」