2019.10.10

シドニーで悲願の銀メダル。
中村真衣を支えた母と同級生の励まし

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • Photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第11回

2020年7月の東京オリンピック開幕まであと9カ月。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あのときの名シーン、名勝負を振り返ります。

◆ ◆ ◆

 2000年シドニー五輪競泳、女子100m背泳ぎ・中村真衣の銀メダル獲得。それは2大会越しの夢を実現させたものだった。

シドニー五輪女子100m背泳ぎで銀メダルを獲得した中村真衣(写真左) 4年前の1996年のアトランタ五輪、当時も日本女子競泳陣のメダル獲得への期待は高かった。代表選考会だった4月の日本選手権で、高校生たちがその時点でのシーズン世界1位の記録を次々にたたき出し、大会直前の世界ランキングで、3位以内に6人が名前を連ねていたからだ。高校2年生だった中村は、日本選手権で2位となりアトランタ五輪に挑んだ。

 だが、初めて経験する大舞台は厳しかった。

 中村はアトランタ五輪の100m背泳ぎの予選で、全体の4位となり決勝進出。決勝では最初の50mを3番手で折り返しながらも、最後で逆転されてしまい、1分02秒33で惜しくも4位にとどまった(アトランタ五輪までは予選と決勝の2レースで行われていた)。レース直後に中村はこう話していた。

「まだ用意をしてないのに”テイク・ユアー・マーク”と言われて、焦ってスタートしてしまいました。前半から行くレースが私の持ち味なのでそれを出したかったのですが、後半はバテてしまいました。ただ、決勝に残れば、と思っていたので、4位には満足しています」

 この前日まで、女子競泳陣は期待に反して決勝進出者はゼロだっただけに、不振から脱出するカンフル剤になったことについて、中村は前向きな発言をしていた。

 だが後日、「アトランタはメダルを狙っていたんです。3位になったのはまったく知らない南アフリカの選手(マリアンヌ・クリール、予選と決勝でアフリカ新を連発)だったし、自己ベスト(1分01秒68)を出していれば3位になっていたので、悔しかった」と、本音を吐露してもいる。