2019.11.07

名言「チョー気持ちいい!」の直後、
北島康介はボロボロと涙を流した

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by PHOTO KISHIMOTO

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第14回

2020年7月の東京オリンピック開幕まであと8カ月。スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典が待ち遠しい。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あのときの名シーン、名勝負を振り返ります。

◆ ◆ ◆

「チョー気持ちいい!」

 2004年アテネ五輪の100m平泳ぎで優勝した直後に、北島康介がテレビカメラの前で口にした言葉だ。そこまでの苦しく辛い戦いがあったからこそ、あの明るさを持った言葉が、口を突いて飛び出したのだった。そこには、彼の解放された気持ちが素直に表われていた。だからこそ、そのあとのミックスゾーンでの取材で、北島は涙をボロボロと流したのだ。

アテネ五輪100m平泳ぎ決勝で優勝した北島康介 北島は、高校3年の00年シドニー大会で五輪初出場を果たし、100mで4位に入った。その後、平井伯昌コーチの「次は金メダルを狙う」という言葉と共に、04年アテネ五輪へ向けて順調な道を歩み始めた。翌01年の世界選手権福岡大会では、水中で大きく伸びる泳ぎで200mの銅メダルを獲得している。

「泳ぎを洗練させて、次は世界記録を」という目標を持った02年は、8月のパンパシフィック選手権前にヒジを痛めるアクシデント。それでも下半身を強化したことが幸いし、10月のアジア大会200mでは、マイク・バローマン(アメリカ)が10年間保持していた世界記録を更新。2分10秒の壁を初めて破る2分09秒97を出して、目標をクリアした。

 さらに03年の世界選手権では、「アジアではなく世界の舞台で、ライバルたちに康介の存在感を示してプレッシャーを与えておきたい」という平井コーチの思惑どおり、100mで優勝。ロマン・スロードノフ(ロシア)が01年に作った59秒94を上回る、59秒78の世界記録を出した。200mでも、6月にディミトリー・コモルニコフ(ロシア)に塗り替えられた世界記録を更新し返す2分09秒42で優勝。2冠を獲得した。

 こうして、想定していた構想をすべて成し遂げて臨んだ04年アテネ五輪のシーズンだが、苦しい道のりも待っていた。世界標準の戦いをするため、1月に短水路のW杯を転戦したが泳ぎのフォームを崩し、ヒジに痛みも出てしまったのだ。

 その不安は、代表選考会だった4月の日本選手権で、50mを含めた4年連続3冠を獲得したことで吹き払ったかに見えた。だが、5月のヨーロッパ高地合宿を経て出場したヨーロッパグランプリでは、またしても泳ぎが崩れてしまった。ローマ大会の200mでは、長水路で01年世界選手権以来の敗戦を喫した。