2017.07.27

瀬戸大也が200mで銅。
初めて獲った「バタフライのメダル」の価値

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Fujita Takao

 6月中旬からのヨーロッパ合宿序盤に出場した、イタリア・セッテコリ大会で400m個人メドレーの自己ベスト(4分07秒99)を出し、好調さが伝えられていた瀬戸大也(ANA)が、まずは200mバタフライで銅メダルを獲得した。

予選、準決勝と調子がよかっただけに、3位に悔しさを滲ませた瀬戸大也 世界水泳が行なわれているブダペスト入りしてからも「セッテコリの時はお腹を壊して体調も崩れていた。そんな中での自己新だったので、調子は上がっていると感じています。あとは本番でのコンディショニングだけです」と、余裕のある表情を見せていた。

 そんな言葉通り瀬戸は、初戦の200mバタフライから素晴らしい泳ぎを披露した。前回のカザン世界選手権はメダル候補として臨みながらも、決勝では早大の後輩である坂井聖人の4位に後れをとる6位にとどまり、リオデジャネイロ五輪でも坂井が銀メダルを獲得したのに対し、5位と結果を残せていなかった種目だ。だが今回は予選を2位で通過すると、準決勝では自己ベストの1分54秒03で1位通過を果たした。

「久しぶりにバタフライが、体が浮いて楽に泳げていますね。カネ(フランス)の合宿のときに、飛込みで首を痛めた影響で肩が痛くなっていますが、痛みが出ないようにリカバリーをしっかりして、腕の動きを大きくするように意識しているので、体がフラットになる形で泳げている。(ここまでの結果は)神様が与えてくれた幸運のような気がしています」