東海大黄金世代・館澤亨次が同期の現役引退を前に「改めて陸上界は甘くない」

  • 佐藤俊●取材・文 text by Sato Shun

東海大黄金世代は今 第2回・館澤亨次(東海大学→DeNA)後編

東海大黄金世代――。2016年、この年の新入生には都大路1区の上位選手、關颯人、羽生拓矢、館澤亨次ら、全国区の選手が多く集まり、東海大は黄金期を迎えた。そして2019年、彼らが3年生になると悲願の箱根駅伝総合優勝を飾った。そんな黄金世代の大学時代の活躍、そして実業団に入ってからの競技生活を紐解いていく。第2回目は館澤亨次(DeNA)。

2023日本選手権男子1500m決勝に挑む館澤亨次 photo by Yohei Osada/AFLO SPORT2023日本選手権男子1500m決勝に挑む館澤亨次 photo by Yohei Osada/AFLO SPORTこの記事に関連する写真を見る

 DeNAに入社した館澤亨次は、東海大4年時の故障が長引き、6月までリハビリをしながら調整を続けた。2020年7月に復帰レースに臨み、10月の日本選手権1500mで優勝した。大学時代から3度目の優勝となり、ここから一気に東京五輪まで駆け上がっていくように見えたのだが......。

「今、振り返ると東京五輪は厳しかったです。当時の自分の持ちタイム(3分40秒49)からして参加標準記録(3分33秒50)がけっこう高かったですし、狙っていた大会とかがコロナの影響で全部なくなってしまった。力がなかったのもありますが、僕にとって東京五輪は現実的じゃなかったのかなと思います」

 館澤は、卒業後、1500mだけに競技を絞って活動していた。チームは、入社する前に駅伝からの撤退を決めており、ニューイヤー駅伝への挑戦はなくなったので、大学時代を含めて初めて1500mに専念できる環境になった。それだけに視線を世界に向け、五輪や世界陸上をターゲットにしていたが、日本男子の中距離は世界に遅れを取り、厳しい状況にあった。1964年東京五輪以来、男子は1500mに出場しておらず、今回のパリ五輪も参加標準記録(3分33秒50)が日本記録(3分35秒42)よりも速く設定されており、1500mにおける世界への挑戦は厚く、高い壁に阻まれている。

「最初の頃は、どうしたら世界の舞台に立てるのか、逆算して考えることがあまりできていなかったんです。それができるようになって、このままでは五輪や世陸に行くことができないというのがわかった時は、心が折れかけたこともありました。今は、まだ世界への道筋が明確に見えているわけではないのですが、まずはタイムを出していかないといけないなと思っています。レースで3分35秒切りを目指しコンスタントに結果を出しつづけ、世界ランキングの上位に位置できることが狙いです。コツコツやっていくしかないなって思っています」

1 / 3

プロフィール

  • 佐藤 俊

    佐藤 俊 (さとう・しゅん)

    1963年北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、出版社を経て1993年にフリーランスに転向。現在は陸上(駅伝)、サッカー、卓球などさまざまなスポーツや、伝統芸能など幅広い分野を取材し、雑誌、WEB、新聞などに寄稿している。「宮本恒靖 学ぶ人」(文藝春秋)、「箱根0区を駆ける者たち」(幻冬舎)、「箱根奪取」(集英社)など著書多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る