東洋大ルーキー・松井海斗が全日本大学駅伝選考会で証明した「鉄紺の強さ」 高校時代に誓った箱根駅伝への思い

  • 杉園昌之●取材・文 text by Sugizono Masayuki

 東洋大・松井海斗は味方のアクシデントにも動じずに走りきった photo by 和田悟志 東洋大・松井海斗は味方のアクシデントにも動じずに走りきった photo by 和田悟志この記事に関連する写真を見る

 6月23日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで行なわれた全日本大学駅伝の関東地区選考会。2年ぶりに選考会に回った東洋大学は全体2位で17大会連続の出場を決めた。各校2選手ずつ4組に分かれて1万メートルを走るレースでは、4年生の石田洸介が3組1着で復活を印象付ける働きを見せたが、オープニングの1組目にも会場を沸かせる鉄紺の注目ランナーがいた。埼玉栄高校出身のルーキー、松井海斗だ。

【先輩の異変に発奮しさらなる激走】

 強豪の東洋大ですでに主力のひとりになりつつある1年生の松井海斗は、酒井俊幸監督から発破をかけられていたという。

「トップを取ってこい。チームに勢いをつけるんだ」

 期待を懸けられていたルーキーは勝負どころで持ち味を生かし、痛快なレースを見せる。

 序盤は指揮官の指示どおり、3年生の岸本遼太郎とともにふたりで先頭を引っ張った。理想は先行逃げ切り。ただ、当初のプランは3000m付近で早くも狂う。一緒に走るはずだった先輩は失速して後方へ。気づけば、松井ひとりで集団をけん引する展開になっていた。思うように後ろを引き離せず、5000m過ぎからはさすがに疲労を感じた。力を貯めるために、いったん集団の中位付近まで下がらざるを得なかったという。そこで首を振って状況を確認。すぐに相棒の3年生がいないことに気づき、自らに言い聞かせた。

「岸本さんのためにも、チームのためにも、トップを取らないといけない」

 残り1200mからグングンとペースを上げ、ラスト800mでさらにギアを上げた。周りの応援はすべて自分に向けられると思い、懸命に腕を振った。表情はゆがみ、あごも上がっていたが、集団の前に出て、一気にそのまま突き進んだ。結果、29分25秒69で1着。力を出し尽くしてフィニッシュした時には喜ぶ余裕もなかったが、レース後の取材では息を整えると、ふと笑みを浮かべた。

「少しはチームに勢いをつけられたと思います。28分台を目標にしていたので、個人的に悔しさはありますけど、トップでよかったです」

 気温は20度前半、湿度は80%を超えるランナー泣かせの気象条件。蒸し暑さをものともしない底力には酒井監督も目を細めていた。

「松井はラストがキレるんです。(きつくなるレース後半でも)最後に上げられるのは彼の力。普段は後ろで待機するレース運びが多いのですが、自分から主導権を握る展開も経験させておきたかった。もっと引き出しを増やしてあげたいです」

 終盤の強さは折り紙つきだ。

1 / 2

プロフィール

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る