2022.06.22

マラソン日本歴代5位の記録を出した土方英和。それでもライバルとの差は「大学時代から開いたまま」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 日刊スポーツ/アフロ

2024年パリ五輪のマラソン日本代表の座を狙う、箱根駅伝に出場した選手たちへのインタビュー。当時のエピソードやパリ五輪に向けての意気込み、"箱根"での経験が今の走り、人生にどう影響を与えているのかを聞いていく。

※  ※  ※  ※

パリ五輪を目指す、元・箱根駅伝の選手たち
~HAKONE to PARIS~
第3回・土方英和(國學院大―Honda)後編
前編はこちら>>國學院大時代「入部時はだらしない人もいたんです」

2021年のびわ湖毎日マラソンで2位に入った土方英和(Honda)2021年のびわ湖毎日マラソンで2位に入った土方英和(Honda) この記事に関連する写真を見る  國學院大4年の時、東京マラソンにチャレンジし、2時間9分50秒で初フル(マラソン)サブテンを達成した土方英和。高校時代からロードが得意なことを自覚していたが、國學院大1年の時に箱根駅伝予選会で20キロに対応できたことでロードの強さを確信したという。

 大学卒業後は、Hondaに入社し、マラソンで勝負することを決めた。チームにはそれぞれの練習のスタイルがあるが、土方は大学との違いに少し戸惑ったという。

「大学時代の合宿は3部練習で距離を踏むのが普通だったんですけど、Hondaの合宿は走り込みがほとんどないんです。距離はこれがマラソン練習なの?大丈夫かな?という感じでした。ただ、すべてが初めての経験だったので、まずはHondaの練習に合わせてみようと思ってやってみたんです。それが、びわ湖毎日マラソンの結果につながりました」

 2回目のマラソンになったびわ湖毎日マラソンでは終始、先頭集団に入り、33キロ過ぎには鈴木健吾(富士通)、サイモン・カリウキ(戸上電機製作所)と3人でトップを形成した。36キロ地点、鈴木のスパートについていけなかったが、2時間6分26秒の自己ベストで2位に入った。

「びわ湖の前は、すごく調子がよかったんです。レースは25キロ過ぎにちょっとお尻に力が入らなくなったんですが、苦しくはなかった。その時、周囲の人を見ると、かなりキツそうな表情をしていたんです。僕はその段階では顔に出るほどキツくはなかったので淡々と走っていたら、いつの間にか周囲の選手が落ちていった。そこから健吾さんと走っていったんですが、35キロ地点では正直いっぱいいっぱいでした。ここでペースを上げられたら終わりだなって思っていたら健吾さんが上げたので、自分のペースで行こうと決めました。まったく余裕がなかったんですが、そこは冷静に切り替えられました」

 無理せず、冷静な判断が結果的に日本歴代5位のタイムを生んだことになった。結果を出せたことでの収穫は大きかったが、課題もあった。