2022.04.25

初マラソンの日本記録保持者、星岳が箱根駅伝で得たもの。区間賞獲得は「ステージがひとつ上がった感がある」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 西村尚己/アフロスポーツ

2024年、パリ五輪のマラソン日本代表の座を狙う箱根駅伝に出場した選手たちへのインタビュー。当時のエピソードやパリ五輪に向けての意気込み、"箱根"での経験が今の走り、人生にどう影響を与えているのかを聞いていく。

※  ※  ※  ※

パリ五輪を目指す、元・箱根駅伝の選手たち
~HAKONE to PARIS~
第1回・星岳(帝京大―コニカミノルタ)前編

大阪マラソン・びわ毎日マラソン統合大会で優勝した星岳(コニカミノルタ)。帝京大学時代は箱根駅伝で3度走った大阪マラソン・びわ毎日マラソン統合大会で優勝した星岳(コニカミノルタ)。帝京大学時代は箱根駅伝で3度走った この記事に関連する写真を見る  星岳(ほし・がく)──。

 印象的な名前のランナーは今、「パリの星」とも言われ、注目の選手になっている。

 大阪マラソン・びわ毎日マラソン統合大会で2時間7分31秒という初マラソン日本最速タイムで優勝し、五輪代表選考レースとなるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を獲得。7月、アメリカ・オレゴンで開催される世界選手権のマラソン日本代表にも選出された。帝京大学時代は、3度、箱根駅伝を走り、卒業後はコニカミノルタに入社。わずか1年で大きな結果を残した。「箱根から世界へ」旅立とうとしている今、星が箱根駅伝から得たものは何だったのか。またマラソンへの挑戦、オレゴンでの世界選手権、MGCについて話を聞いた。

「高校の時から箱根駅伝を意識していました」

 星は、そう語る。

 中学まで東北楽天ゴールデンイーグルス好きの野球小僧だったが、仙台大学附属明成高校陸上競技部顧問の中村登先生に声を掛けられて陸上の道に進んだ。

「僕の場合、箱根駅伝を目指して陸上を始めたと言ってもいいぐらいです。高校の先輩の村山謙太さん(旭化成)、紘太さん(GMO)、池田(紀保・埼玉医科大学アスリートクラブコーチ)さんが箱根を走っている姿をテレビで見て、すごく刺激を受けました。野球をやっていた時は、甲子園が憧れの舞台でしたが、陸上を始めた自分にとって箱根がその舞台になったんです」