2021.12.30

山を制する者が箱根を制す。3代目山の神・神野大地が語る5区のポイント「小涌園から最高地点までで全部を出しきること」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by KYODO NEWS

山を制する者が箱根を制す・前編
後編(区間記録保持者・館澤亨次が語る6区のポイント)はこちら>>

2015年の箱根駅伝5区で区間新の走りをした、3代目山の神・神野大地2015年の箱根駅伝5区で区間新の走りをした、3代目山の神・神野大地 この記事に関連する写真を見る

 箱根駅伝の5区は、箱根の山を駆ける。

 小田原中継所から往路ゴールの芦ノ湖駐車場まで20.8キロのコースで、出雲駅伝、全日本大学駅伝にない上りの特殊区間だ。5区では、そのせいかタイム差を広げる、あるいは詰める、いわゆるレースが動く展開が起こる。そして、この山で結果を出した選手は、「山の神」と称される。神野大地は、2015年大会で5区を快走し、青学大の箱根駅伝優勝に貢献し、「3代目・山の神」となった。神野の時代から5区は距離が短縮され、20.8キロ(区間記録:宮下隼人・東洋大学・1時間10分25秒)になったが、標高874mの最高地点に至るまでの上りは変わらない。神野が語る山の攻略法とは、果たして――。

「オーバーペースで入るのだけはやめよう。無理せず、キロ3分5秒で入りなさい」

 2015年の箱根駅伝。5区の入り、神野は原晋監督から、そう指示されていた。

 山の練習で圧倒的なタイムを出し、2区から急遽、5区に変更になったが、その練習中に腹痛で立ち止まることがあった。初めての山であり、腹痛発症を危惧した原監督の言葉だったが、神野は入りからまるで平地を走るように飛ばした。

「最初、時計を見たら(キロ)2分48秒だったんです。これはヤバいなって思って少し落としたんです。次の1キロのラップを見ると2分50秒だった。落としてもこのタイムかって思っていたら原監督から『調子がいい証拠だし、動きもいいからこのまま行こう』と言われたんです」