2021.12.28

箱根駅伝の予選会でダントツ1位の明治大。山本監督が語る選手の起用法「力どおりに走れば3位以内も見えてくる」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AFLO

 前回の箱根駅伝で明治大は、全日本大学駅伝3位の自信を持って臨んだものの、3区終了時点で17位。序盤に起きた誤算の連鎖から抜け出せず、シード権を逃す11位に終わった。

今年、主将としてチームをまとめている鈴木聖人今年、主将としてチームをまとめている鈴木聖人  今回も箱根駅伝を走るべく臨んだ今年10月の予選会では、強風のなかで4名が1時間2分台で走り、7名が26位以内という強さを見せ、2位の中央大に4分16秒差をつけるトップ通過を果たした。その2週後の全日本大学駅伝では一時は上位争いに加わりながらも、安定せずに7位となっている。

 しかし、山本佑樹駅伝監督はこの走りを前向きにとらえている。

「全日本は予選会のあとだったので、疲労などいろんな部分で、良い、悪いが出てくるだろうなと想像していました。2本揃えられた選手は自信をつけただろうし、悪かった選手は落ち込ませないで『疲労を取って、練習の持って行き方を工夫しよう』と話しました。

 全日本は8区で区間15位だった加藤大誠(3年)も、予選会ではチーム1位でしたし、3区で10位の富田峻平(3年)はちょっとした故障で予選会のメンバーからは外した選手ですが、ともに主要メンバーとしてやってもらわなければいけない存在です」

 前回の箱根のあと、主将になった鈴木聖人(4年)が打ち出したのは、"速さ"ではなく"強さ"を求めることだった。他の選手たちもその意識を共有し、箱根の悔しさを挽回しようという思いで戦ってきた。その思いが浸透したことで、とくに4年生と3年生が充実してきた。

「状態はいいので、みんなが力どおりに走れば前回目標にしていた3位以内も見えてくると思います。ただ、そこを取らなきゃいけないというより、選手にのびのび走ってもらいたいので、まずは5位以内と確実に手が届くだろうところを目標にしています」(山本監督)