2021.06.20

男子短距離界の実力者・小池祐貴。東京五輪100mで日本人初の表彰台は「確実にかなえたい。夢じゃなく目標」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 6月24日から陸上の日本選手権が始まる。100mと200mで東京五輪出場を目指す小池祐貴(住友電工)にとっては大一番となる。そこで優勝すればもちろん、3位以内に入れば東京五輪の出場が決定する。

 5年前に開催されたリオ五輪の時、小池は慶応義塾大の3年だった。

「リオ五輪はテレビで見ていました。100mは勉強を兼ねて見ていたんですが、400mリレーは予選のタイムを見て、単純に(日本チームは)『すごいな』『勝てるな』と思っていましたし、決勝のレースは本当に感動しました。

 でも、そこに自分のイメージは重ねていませんでした。当時はケガをしていて、現実逃避というか、一度ゆっくり休もうという感じだったので......。だけど今は、あの興奮や感動を誰かに届けられるのであれば、『自分が』という思いは強くあります」

自身初の五輪出場を目指す小池祐貴自身初の五輪出場を目指す小池祐貴  東京五輪は100m、200mに加え、400mリレー(通称4継)も含めて、3種目で出場の可能性がある。なかでも、前回のリオ五輪で銀メダルに輝いた400mリレーは、今回も大きな期待を寄せられている。小池はどの種目を一番重視しているのだろうか。

「やっぱり100mで結果を出したいです。こだわりがあるし、憧れもあります。ファンの熱気を見ても100mは圧倒的ですし、お客さんの反応も全然違いますからね。単純に足が速いということに対しての憧れがあるのかなと思います」

 100mは陸上の花形で、歴史的に見ても世界的な影響力を持つアスリートが多い。古くはカール・ルイス(アメリカ)やベン・ジョンソン(カナダ)、そして世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)がそうだ。

 日本でも近年は10秒を切る選手が次々に登場するなど、注目を集めている。ただ、メダルの可能性という点では、4継が一番だ。

「僕は100mとか、個人種目あってのリレーだと思うんです。個人種目で結果を残すということは、それだけのスピードが出るということなので、気持ちよくリレーにいけるんですけど、逆に個人種目でうまくいかないとリレーでも足を引っ張るんじゃないかと不安になるんです」