2021.04.26

神野大地、大惨敗後の本音「マラソンも生きることもやめたくなった」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

@神野大地インタビュー 前編

 今年2月28日に開催された『びわ湖毎日マラソン』を終えた直後の神野大地のユーチューブ動画は、衝撃的だった。サブ10(フルマラソンで2時間10分を切ること)を目指して、あえて第2集団についてタイムを狙ったが、2時間17分56秒というまさかの結果に終わった。

 福岡国際マラソンでは棄権、そしてこのびわ湖毎日マラソンで惨敗と、2レース続けて結果が出ないことに神野は打ちひしがれ、そのショックがありありと見受けられた。

びわ湖マラソンでは2時間17分56秒で142位に終わった神野大地びわ湖マラソンでは2時間17分56秒で142位に終わった神野大地  やめてしまうのでないか──。動画で明るく振る舞おうとする姿からは、そんな空気も感じられた。

 あれから少し時間が経過し、「少し落ち着いてきたと思います」とマネジメント会社の高木聖也が教えてくれた。神野は、びわ湖のレースについて、どう感じていたのだろうか。そして、今後マラソンをどうするのか。神野の口からこぼれてきたのは、今後についてのいくつかの新たな決断だった。

「(マラソンを)やめたくなりました」

 びわ湖毎日マラソンが終わったあと、神野はそう思ったという。

「福岡からびわ湖まで100%の練習ができたかというと、そうではなかったですけど......ただ今回は精神的なものが大きくて、生きることもやめたくなるぐらいで......。本当に落ちるところまで落ちて、レース後、2週間は死んでいました」

 神野がそれほど思い詰めるまで落ち込んだのは、びわ湖のレース結果がトリガーになったのは間違いがない。しかし、そこまで追い込まれたのはびわ湖の結果だけではなく、昨年の東京マラソン、福岡国際マラソンと結果が求められた3レースで、ひとつも満足のいくレースができなかったことにある。

「東京マラソンは、自分なりに練習はできていたイメージがあったんですが、実際は大迫(傑)さんが2時間5分29秒を出して、みんなが6分、7分台など結果を出しているなか、僕は12分で......。練習をしてきたという気持ちがあっただけに、けっこうダメージが大きくて、精神的にくるものがありました。そこで練習を含め、いろんなことを見直して藤原(新)さんにコーチをお願いして再スタートを切ったんです」