2020.12.06

新谷仁美、タイムが爆発的に伸びた転機。
「自分の気持ちが解放された」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AFLO SPORTS

 12月4日、日本陸上選手権大会・長距離種目。女子1万mに出場した新谷仁美(積水化学)は、02年に渋井陽子(三井住友海上)が記録した30分48秒89の日本記録を更新した。

 1周400mを73秒で走って最後まで押し切ることが条件だったが、チームメイトの佐藤早也伽がスタートから引っ張ってくれたおかげで、最初の1周を72秒で入ると、そこから2000mまでを73~74秒で走った。新谷は佐藤にこう感謝した。

圧倒的な強さを見せて東京五輪内定を決めた新谷仁美圧倒的な強さを見せて東京五輪内定を決めた新谷仁美 「彼女がイーブンペースで引っ張ってくれたおかげで後半もタイムが大きく落ちることはなかったです。彼女の引っ張るという心意気が私にとっては貴重だったし、力になりました」

 2000mの手前から先頭に立った新谷は、ペースを71秒台に上げて後続を一気に引き離した。ついてきた一山麻緒(ワコール)も2900mまでで、その後は独走状態を維持した。一山以外を周回遅れにする圧倒的な走りを見せて30分20秒44でゴールすると、大幅な記録更新とともに東京五輪代表内定を決めた。

 そんな新谷は今から6年前の2014年1月、自らの陸上人生に一度終止符を打っている。引退会見では、「今後、陸上に関わっていくかは白紙」と話すほど、関わりを断つ考えを持っていた。

 引退の理由としては、2013年世界選手権の1万mで、日本歴代3位(30分56秒70)となるタイムで走りながらも、5位とメダルには届かず気持ちが切れてしまったことが挙げられた。それに加え、右足足底筋膜炎の悪化も引き金となった。