2020.02.21

キプチョゲに聞く厚底シューズとマラソン2時間切り。そして東京五輪

  • text by Sportiva
  • photo by Minegishi Shinji

穏やかで紳士的に対応するキプチョゲ。質問に対して常に真摯に答えてくれた――ナイキの厚底シューズが議論を呼びました。さまざまな意見が出るなか、規定はあるものの、厚底シューズを履くことが許されました。ナイキのシューズについてはどう思いますか。

「ナイキの今のシューズはすごくいいですよね。それは結果を見ればわかることです。これからもいろいろなテクノロジーが登場してくるでしょうから、さらに結果がよくなっていくと思います。それを今は楽しみにしています」

――あなたは走ることを心の底から楽しんでいるように見えます。最後まで笑顔を絶やさないように見えますが、なぜでしょうか。

「走ることは自由を得ることだと思っています。その自由を感じたときに私は興奮するんです」

――あなたはとてもメンタルが整っていますが、常に最高のメンタルを保つためにはどうすればいいのでしょうか。

「人間はいい状態のメンタルがあれば物事を進めることができます。また、健康な体であることもとても大事です。だからメンタルと体、両方を保つことが大切だと思っています」

――ケニアのマラソン選手たちは、一体感があるように感じますが、それがケニアの選手の強みなのでしょうか。

「ケニアは一つのチームなんです。みんなが一丸となって練習をして大会に臨んでいます。それが力となって自分はベストを出し切れると思っています」

関連記事