2020.02.21

キプチョゲに聞く厚底シューズとマラソン2時間切り。そして東京五輪

  • text by Sportiva
  • photo by Minegishi Shinji

「今のシューズはすごくいい」とキプチョゲ。まずはロンドンでベストを尽くす 現マラソン世界記録保持者(2時間01分39秒)で、非公式ながら2時間台を切る記録(1時間59分40秒)も持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)。テンポよく軽やかに、そして笑顔すら浮かべて走るその姿は、まさに異次元の存在だ。ナイキ厚底シューズ騒動や、東京オリンピックのマラソンの開催地変更など話題に事欠かないマラソン界。彼はこの状況をどう見ているのか――。そして記録更新はなるのか――。「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020」の授賞式に訪れたドイツ・ベルリンで、人類史上最速の男を直撃した。

――今回は「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020」にノミネート()されましたが、ローレウスの活動についてはどう思っていますか。

「ローレウスは20年の活動を通して世界を一つにまとめる力があると思っています。スポーツには世界を変える力があるので、人類に与える影響は計り知れないと思います。私が賞をもらう、もらわないに関わらず、そのような影響が世界に及べばいいなと思います」
※ローレウス年間最優秀男子選手部門にノミネートも惜しくも受賞を逃す

――あなたがこれまでマラソンで優勝できなかったのは1回だけです。今年はロンドンマラソンと東京オリンピックがありますが、これまでどおり優勝できますか。

「私はとにかく一つ一つの大会に向けてトレーニングをしていますし、なによりも楽しむことを大切にしています。スポーツ選手は負けることももちろんあります。ただそれも受け入れる必要があります。とはいえ負けないように一生懸命努力することを常に心がけています」