2019.07.05

日本選手権1500m惨敗で決断。
東海大主将がもらした悲壮な覚悟

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Nakamura Hiroyuki

東海大・駅伝戦記 第56回

前回の記事はこちら>>

 日本選手権1500m決勝、ゴールした瞬間、館澤亨次(東海大4年)はうつろな表情で電光掲示板のタイムを見ていた。この大会に賭けてきたが、自分のよさをまったく発揮することができなかった。敗戦はショックだったが、あまりにも衝撃的すぎるがゆえに、逆に館澤はこの敗戦を機に、ある決断をしたと言う。

 館澤の決断とはいったい何だったのか。

3連覇を目指した館澤亨次(写真右)だが、ハイペースについていけず9位に終わった 館澤にとって日本選手権は非常に重要なレースだった。関東インカレでは後輩の飯澤千翔(いいざわ・かずと/東海大1年)にゴール直前で差され、優勝を逸した。その悔しさを胸に自分の走りを見直し、修正した。

「トレーナーに自分のよさがなくなっていると言われたんです。体が硬くなって、いい走りができなかった。それを教えてもらったことで気持ちが楽になり、修正することができた。日本選手権は、今シーズン一番いい状態だったんです」

 館澤の走りは、決して理想的なフォームではないが、がちゃがちゃした走りがラストの爆発的なスピードを生んできた。初心に戻ったことで、キレのあるラストスパートが徐々に復活してきた。自分の得意技を武器に、日本選手権で飯澤や実業団の強豪選手に勝ち、3連覇できるという偉業達成の手応えを感じていた。

 そして、日本選手権1500m予選は、不思議な組み合わせになった。

 予選は2組あり、それぞれ11名が出走し、上位5着プラス2名(タイム上位)が決勝に進出する。その予選1組のリストを見て驚いた。

 館澤に加え、飯澤、鬼塚翔太(東海大4年)、木村理来(りく/東海大4年)の4名に加え、東海大OBの荒井七海(Honda)、國行麗生(くにゆき・れお/大塚製薬)ら、東海大勢6名が予選1組に集められたのだ。

「やりにくかったですよ」とレース後、館澤はもらしたが、それでも4位で決勝進出を決めた。ただ、予選は館澤にとって反省の多いレースになった。