2018.02.27

設楽悠太、大迫傑の激走で
日本マラソン界は「オレ流」時代に突入か

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

東京マラソンで日本記録更新の快走を見せた設楽悠太 2時間06分11秒。

 設楽悠太(Honda)が東京マラソンで16年ぶりに日本記録を塗り替えた。

スタートから先頭集団に入り、前半は1km2分58秒ペースで押した。20km地点では2位をキープして、日本記録を上回るペースが続いた。

「30kmでペース走が離れてから勝負」

 レース前に設楽はそう語っていたが、その30kmから遅れ始めた。ディクソン・チュンバ(ケニア)ら外国人選手が急にペースを上げ、設楽はそのペースについていけず、置いていかれたのだ。

 通常は、ここで”勝負あった”となる。外国人選手たちのペースは変わらず、さらに前をいく井上大仁(ひろと/MHPS)は後半も粘り強く走ることができる選手。設楽自身も「負けた」と思ったというが、そう思うのも致し方ない展開だった。

 ところが、ここから驚異の粘りを見せる。32kmで両親の応援の声を聞き、36kmの折り返しで気持ちを切り替えた設楽は38km地点で井上をとらえ、5位に上がった。まるでそれまで死んだふりをしていたとしか思えないような勢いある走りを見せたのだ。

「井上くんの表情を見たら、まだ大丈夫そうでついてくるかなって思ったんですが、離れていったので、このままいけば日本人トップ、記録もついてくるかなと思った」

 39km地点で3位に上がった。40km地点では1時間59分31秒のタイムを確認した。

 40.54kmでついに2位に上がり、必死に前を追った。沿道からは応援とともに「(日本記録更新で)1億円だぞ、がんばれ!」という声をかけられ、それも励みになった。