2016.12.25

箱根駅伝・全チームの戦力分析【予選会校編】。
「下剋上」はあるか?

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • photo by AFLO

 2017年の箱根駅伝、全チームの戦力分析の第2弾は、前回の「シード校編」に続き、厳しい予選会を突破してきた10校を紹介。シード権獲得、古豪復活、前年のリベンジ……。さまざまな想いを抱き、箱根に乗り込む各大学の戦力はどうなっているのか?

予選会チームトップの走りを見せた原法利大東文化大学

予選会トップ通過の実力を本戦で発揮できるか!?

 前回は18位に沈んだが、この1年で大きく成長。10月の箱根駅伝予選会でトップ通過を果たし、関係者を驚かせた。予選会チームトップの原法利(3年)が59分台、3人が60分台。チーム10番目は61分14秒というハイレベルでまとめている。2区は関東インカレ1部のハーフマラソンで4位に入っている原が候補だ。

 出場チームの実力が拮抗しているだけに、1区と2区の出だしがポイントになるだろう。主将の下尾一真(4年)、1万m28分台の北村一摩(4年)と前田将太(3年)、それから奈良修監督を父に持つ奈良凌介(1年)の走りも注目だ。伝統的に得意な「山上り」と選手層の厚さでカバーできる復路でシード権争いを優位に進めたい。