「俺は最強だ!」の不屈のメンタル。
国枝慎吾が2年ぶり全豪制覇で雄叫び

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO


 このメルボルンでの戴冠の約4カ月後、国枝は15年間師事したコーチと別れ、ネットプレーを得手とする元プロの岩見亮をコーチとし、攻撃的なプレーを志向する。その新たなスタイルを引っさげて、同年6月には全仏オープンをも制し、世界1位に返り咲いた。

 New SHINGO is coming!

 あの日、口にしたこの言葉を体現する国枝は、36歳を迎えた今も、世界ランキング1位の座に君臨している。

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る