2020.02.22

東京でメダル獲得を。車いすバスケ女子
日本代表の課題が明確になった

  • 斎藤寿子●取材・文・写真 text&photo by Saito Hisako

 2月14~16日の3日間にわたって、丸善インテックアリーナ大阪では「国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会」が行なわれた。今大会には女子日本代表のほか、世界選手権2位のイギリス、同5位のカナダの3カ国が参加し、総当たりで2試合ずつを行なった。

キャプテンとしてチームをけん引した藤井郁美 結果は4戦全勝のカナダが優勝し、2勝2敗のイギリスが準優勝。日本は4戦全敗で3位となった。今大会で明確となった日本の課題、強豪相手に得られた手応えは何だったのか。半年後の東京パラリンピックでメダル獲得を目指すチームの現状を追った。

「勝てた試合だっただけに、悔しいというか、やりきれない感じ。なぜ勝てないんだろう、という思いで、いっぱいです」

 最終戦を終えたあとのインタビューで、チーム最年少の柳本あまねが語った言葉が、チームの気持ちを代表しているようだった。

 イギリスは、1996年アトランタから6大会連続でパラリンピックに出場し、前回のリオでは4位と初のメダルまであと一歩に迫った。2018年世界選手権、2019年ヨーロッパ選手権では女王オランダに次ぐ2位と、近年は目覚ましい躍進を遂げている。