2018.06.24

ゴールボール男子日本代表、
メダルを狙った世界選手権で無念の9位

  • 星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko
  • photo by JAPAN GOALBALL ASSOCIATION ICHIKAWA RYO

 視覚障がい者を対象とするパラリンピック特有の球技、ゴールボール。3人1組でセンターラインを挟んで2チームが向き合い、鈴入りの特製ボールを相手ゴールに向かって投げ合って得点を競う。選手は目隠し(アイシェード)をして視覚を完全に遮断しているので、頼りにするのは、「音」のみ。日本では、2012年ロンドンパラリンピックで女子代表が、日本史上初の団体球技金メダルを獲得して注目されている。

守備の要となるセンターとして、東京に向けてさらなる成長が期待される川嶋悠太(中央) 4年に一度の、ゴールボールの世界チャンピオンを決める世界選手権大会が、6月上旬(3日~8日)、スウェーデンのマルメで開催された。男女それぞれ3位までに入ると、2020年東京パラリンピックへの出場権が与えられる大会でもあり、強豪国がしのぎを削った。

 16カ国が出場した男子の部はリオパラリンピック銅メダルのブラジルが大会2連覇を飾り、2位にはドイツ、3位にはベルギーが入った。

 一方、12カ国参加の女子は、ロシアが優勝し、2位トルコ、3位ブラジルとなった。

 日本も男女ともに出場。20年の東京パラは開催国枠での出場が決まっているが、「世界の中の現在地」を知る格好の機会だった。16年リオパラリンピック5位となり、20年大会で金メダル奪還を目指している女子は、2組に分かれた予選リーグを3勝1敗1分で準々決勝に進出。だが、カナダに延長戦の末、2-3で敗れて5位。目標とした表彰台を逃し、市川喬一ヘッドコーチ(HC)は、「4強には入れると思ったが……。攻撃力は上がっているので、守備をもう一度、立て直したい」と悔しさをにじませた。

 男子も力を試す意味でも、「自力」のパラリンピック初出場を勝ち取ろうという意気込みで今大会のメダル獲得を目指したが、厳しい結果となった。予選リーグはチェコ(11-9)、カナダ(11-6)、エジプト(10-0)に3連勝したものの、リオ銅メダルで現世界ランク1位のブラジル(5-9)、イラン(8-11)、ドイツ(4-7)と連敗。そして、リオ銀メダルのアメリカにコールド負け(3-13)を喫して3勝4敗の5位となり、上位4位までが進める決勝トーナメントを逃がし、最終9位に終わった。