2015.11.16

【車いすテニス】国枝に続け! リオでメダルを狙う眞田卓の挑戦

  • 荒木美晴●取材・文・写真 text&photo by Araki Miharu

盛りあげよう!東京パラリンピック2020(41)

「第25回NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会(2015 NEC JWTA MASTERS)」が千葉県柏市の吉田記念テニス研修センター(TTC)で開催された。男子・女子各8名、クァード(上肢にも障がいがあるクラス)4名の日本のトップ選手のみが参加できる今大会。15日に決勝が行なわれ、注目の男子は眞田卓(さなだ たかし)が齋田悟司を6-3、6-0で下し、車いすテニスを始めて10年の節目で大会初優勝を飾った。

日本人選手として、国枝選手に次ぐ世界ランキング8位の眞田卓 眞田と齋田はTTCでともに練習する仲。互いに手の内を知り尽くした相手だけに、「齋田選手のサーブがスライスからフラットに変わり苦戦した」と眞田。それでも時間とともに試合を冷静にコントロールし、勝利につなげた。世界ランキング1位の国枝慎吾、また同15位の三木拓也が欠場し、上位4人のうち2人との対戦する機会が流れてしまったことは残念だったが、「優勝は優勝です」と胸を張った。

 19歳で事故により右膝関節から下を切断。リハビリ中に車いすテニスの存在を知り、中学時代はソフトテニス部だったこともあり興味を持った。車いすテニスの関係者に誘われてTTCを訪れたとき、齋田が自身の使っていたラケットを譲ってくれたという。20歳で車いすテニスをスタートしてから5年間、眞田はずっと齋田からもらったラケットを愛用したそうだ。