2015.10.09

【車椅子バスケ】11大会連続出場なるか?リオパラ予選開幕!

  • 瀬長あすか●文 text by Senaga Asuka
  • 名古 桂士/X-1●写真 photo by Nako Keishi/X-1

盛りあげよう!東京パラリンピック2020(36)

キャプテンとして、エースとしてチームを牽引する藤本怜央 次なる主役は、車椅子バスケットボールだ。9月のアジア選手権で3大会ぶりの五輪切符を獲得したハヤブサジャパン(バスケットボール日本代表)女子、18年ぶりの4強入りで最終予選に望みをつないだハヤブサジャパン男子。その躍進ぶりに、もっとも刺激を受けているのが、車椅子バスケットボール日本代表に違いない。

 10日から、リオパラリンピック出場をかけた「三菱電機2015 IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」が、千葉ポートアリーナで始まる。

 今大会、男子は3枚のリオ切符を争奪する。出場する12ヵ国が2つに分かれて予選リーグを行ない、それぞれのプール上位4チームが決勝トーナメントに進出。準々決勝、準決勝、決勝、3位決定戦を戦う。

 アジアオセアニア地区の勢力図は、オーストラリアが頭ひとつ抜けており、残る2枠をイラン、韓国、日本が争う三つ巴の展開が予想されている。

 日本のキャプテンであり、エースでもある藤本怜央(れお)は、「昨年10月のアジアパラ競技大会で日本は2位となり、韓国にアジア王座を譲ってしまった。まずは韓国を倒し、アジアチャンピオンに返り咲くことが目標。その先にはリオの出場権が必ずある。決して楽観視はできないけれど、期待していてください」と力強く語り、瞳の奥に自信をのぞかせた。