道端カレン「自慢の部位は肩とかお尻って言ってみたい」40代でバキバキボディを目指したワケ

  • 武松佑季●取材・文 text by Takematsu Yuki
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

道端カレン インタビュー前編(全2回)

 1990年代、10代後半からトップモデルとして活躍してきた道端カレンさん(44歳)は、32歳で初めてフルマラソン大会に出場したことをきっかけに、トライアスロンに熱中。持ち前の負けん気の強さで表彰台の常連となるプロトライアスリートになった。

 しかし、コロナ禍で大会の中止が相次ぐなか、今度はフィットネスに挑戦。2022年にボディメイクを始めて1年余りで、「宮城県ビキニフィットネスオープン大会」(158センチ超級の部)で優勝、同年の日本最高峰の大会「オールジャパン マスターズ フィットネス・チャンピオンシップ」(40歳以上45歳未満160センチ超級)で4位入賞とすばらしい成長を見せている。

 カレンさんは、なぜフィットネスに熱中したのだろうか。東京都内のトレーニングジムを訪ね、インタビューを行なった。

この記事に関連する写真を見る* * *

【モデル体型は不利?「もっと鍛えないと」】

ーー先日、7月16日に開催された東京ボディビル選手権・ビキニフィットネス35歳超級に出場して9位でした。

道端カレン(以下、同) 前回が11位だったので2つしか順位が上がってない!

ーーそれでも着実に成長されているのでは?

 全然ダメです! 先生(トレーナー)にも言われました。「普通にステージに立ってるように見えた。力が抜けすぎていた」って。

 去年、IFBB(国際ボディビルディング・フィットネス連盟)国際審査委員長のパウエル(・フィルボーン)さんのセミナーに参加した際に「ステージ上では男性のボディビルディングみたいにあまり筋肉を固めすぎず、ビキニフィットネスは自然なほうがいい」と言われて。それを実践したつもりなんですが......。

この記事に関連する写真を見るーービキニフィットネスでは"女性らしい美"が求められる。

 そうなんです。カテゴリーごとに求められる体は違って、筋肉量が必要なのはフィジークやボディフィットネスです。

 そうはいっても、ビキニも筋肉のカットを見せる競技なので、筋肉量がまだまだ足りない私は、もうちょっとステージ上で力を入れてもよかったかな。

 それに体脂肪率17%で大会に出ちゃった。去年のオールジャパン(マスターズ フィットネス・チャンピオンシップ)では12%だったから今回はあまり仕上がっていませんでしたね......。

ーー奥が深いですね。

 私は手足が長い。妹たちからも「カレンは手が長いよ」ってよく言われます。そうすると、アームカール(上腕二頭筋のトレーニング)をするにもテコの原理で運動量が必要になるから筋肉をつけるのが大変なんですよ。

 男子も同じで、小柄でパーツが短い人のほうが筋肉はつきやすいし、筋肉がついて見えるそうです。だからもっと鍛えないと他の選手と並んだ時に見栄えがしないのかなって思います。

この記事に関連する写真を見る

1 / 3

プロフィール

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る