2022.05.27

ギャンブル中毒、借金まみれで「人生詰んだ」。MAX鈴木がどん底から日本一の大食い王に変われた本当の理由

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 立松尚積●撮影 photo by Tatematsu Naozumi

フードファイターMAX鈴木インタビュー前編

2015年の「元祖!大食い王決定戦」(テレビ東京系列)で初出場・初優勝を果たし、その後、2017年、2020年の同大会でもチャンピオンに輝くなど、日本の大食い界のトップに君臨するMAX鈴木さん。大食いデビューは30代半ばと遅咲きだが、それ以前の彼の人生は波乱万丈だった。日本最強のフードファイターが自らの半生を赤裸々に振り返るとともに、アスリートとしての大食いの秘訣やトレーニング方法なども語った。

現役最強のフードファイターであるMAX鈴木さん現役最強のフードファイターであるMAX鈴木さん この記事に関連する写真を見る

借金で家賃も払えずヒモ生活

ーー2015年の「元祖!大食い王決定戦」で突如登場し、いきなり優勝を飾っています。放送当時は35歳で、それまでは大食いの自覚がなかったのですか?

MAX鈴木 番組に応募したのは34歳の時ですが、まったくなかったんです。でも父親が大食いのファンで、大食い王決定戦の番組はよく見ていました。当時、大食いアイドルのもえあずちゃん(もえのあずき)の大ファンで、彼女が水道橋(東京)近くにあった「俺とあぶら」という油そばの店のデカ盛りのチャレンジメニューに挑戦したと、ブログに載せていました。それをたまたま見て、俺もやってみようと思ったんです。

ーーそれまで大食いにチャレンジしてみようと思ったことは?

MAX鈴木 ゼロですね。一回も思ったことはありません。それまで自分で一番食べたなというのは、吉野家の牛丼の並盛2杯ぐらい。その程度です。だから、もえあずちゃんにキュンキュンしてしまったことがきっかけです(笑)。実際、店に行った一番の目的は彼女のサインを見ることで、チャレンジメニューはおまけでした。でも、いざ挑戦してみると、意外に食べられるなぁと。700gの特盛の油そば4杯を30分以内に食べられれば料金無料、プラス賞金5000円というチャレンジでしたが、クリアできました。

ーー当時はどんな仕事をしていたんですか? 

MAX鈴木 僕はずっと水商売をやっていましたが、パチンコで借金が膨らみ、数百万円あったんです。それこそ消費者金融からガンガンお金を借りて、家賃も払えなくて女の子の家に転がり込む。そんなクズのような生活をずっと送っていました(笑)。

 水商売をし始めたきっかけもギャグの世界ですよ。大学を中退して、新宿の淀橋にある青果市場で運送の仕事をしていた時に、パチンコで負けに負けて、消費者金融の借金がフルマックスになって、金利も払えなくなりました。それで、もう人生が詰んだと思い、路上にへたり込んでいて。パッと顔を上げたら「高収入! キャバクラボーイ募集、初任給25万円から」といった貼り紙を見つけました。そのまま電話して、「すぐ働きたいんですけど」って言って、そのまま働き始めました。