2022.03.17

Mリーグ今季MVP瑞原明奈、強さの秘密。「脳内のチームメイトから『鳴け!』って言われる」

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(5)
瑞原明奈@後編

◆瑞原明奈さんの厳選フォトギャラリー【全5点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 いよいよポストシーズンに突入するMリーグ2021。3月21日からのセミファイナル、4月18日からのファイナルでは、優勝賞金5000万円をめぐる次なる戦いが待っている。

 2019年はレギュラーシーズン6位から巻き返して初優勝を遂げながらも、昨年はレギュラーシーズン敗退の憂き目にあったU-NEXT Pirates。今シーズン、チームを牽引してMVPにも輝いた瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)に2度目の優勝への意気込みを訊いた。

◆瑞原明奈@前編はこちら>>ふたりの子どもを育てながらMリーガーを続けられる理由「お金は説得力になる」」

   ※   ※   ※   ※   ※

瑞原明奈(みずはら・あきな)1986年11月19日生まれの35歳瑞原明奈(みずはら・あきな)1986年11月19日生まれの35歳 この記事に関連する写真を見る ---- 瑞原選手は今シーズン、ずば抜けて高い連対率(2着以内に入ること/レギュラーシーズン終了時=85.7%)を誇っています。今季から何か戦い方を変えたのですか?

「1年目と2年目では麻雀の細かい打ち方は変えましたけど、2年目と今季(3年目)ではあまり変えていないですね」

---- 2年目の変更点はどういうところでしょうか?

「たとえば、鳴き仕掛けをする時の基準をちょっと高くしました」

---- なんでもかんでもポンやチーをするわけではない、ということですね。

「そうですね。あとは愚形リーチを減らして、好形になるように道中の手組みを変えたり。そういう細かいところでいろいろありますね」

---- デジタル思考な打ち手が揃うチームにあって、そこが瑞原選手とほかのメンバーで違うところなんですね。

「けっこう違うと思います。肩身が狭いです(笑)」

---- 雀風が違うことでのメリットやデメリットはありますか?

「私にとってはプラスに働いていることが多いですね。私はけっこう押しすぎちゃうところがあるんです。たとえば、親リーチに対して危険牌が2個も3個もあるのに攻めようとするとか。

 さすがに私もそこまではしないですけど、冷静になって客観的に見れば『もう無理だよね』っていう状況でも、前に出たくなってしまうんですね。でも、押そうとすると、脳内でチームメイトの『もういい加減やめとけ』って声が聞こえて(笑)」