2022.03.17

瑞原明奈がふたりの子どもを育てながらMリーガーを続けられる理由。「お金は説得力になる」

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(5)
瑞原明奈@前編

◆瑞原明奈さんの厳選フォトギャラリー【全5点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 昨年10月から始まったMリーグ2021のレギュラーシーズンは3月11日に閉幕。上位6チームによる3月21日からのセミファイナル進出に向けて、最終日まで熾烈な戦いが繰り広げられた。

 レギュラーシーズンの個人スコアトップに贈られるMVPを獲得したのは、年末から破竹の勢いでポイントを稼いだU-NEXT Piratesの紅一点・瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)。2児の母である彼女がMリーグを戦う理由とは......。

   ※   ※   ※   ※   ※

瑞原明奈(みずはら・あきな)1986年11月19日生まれの35歳瑞原明奈(みずはら・あきな)1986年11月19日生まれの35歳 この記事に関連する写真を見る ---- 麻雀を始めた経緯を教えてください。

「20歳ぐらいの時に、CSチャンネルで麻雀番組に出会って。ルールも役も何も知らなかったんですけど、見ているうちにちょっとずつ覚えて、そのままハマり込んでいきました」

---- 実際に打つようになったのも、その頃なんですか?

「しばらくは今で言う『見る雀』。見ることがメインのファン層だったんです。頻繁に打つようになったのは23歳くらいからでしたね」

---- その頃は会社員ですか?

「大学を出て一般企業に就職していた頃ですね。25歳の時に結婚をして、引っ越すことをきっかけに会社はやめたんですけど、会社で私の麻雀好きは知られていたので、『麻雀プロになるらしいよ』という根も葉もない噂を立てられました(笑)」

---- 麻雀プロになることは意識していたんですか?

「いえいえ。まさか本当になるとはまったく思っていなかったですね」

---- それがどう転んでプロ雀士に?

「結婚した頃からセットメンツが集まるようになって、頻繁に麻雀を打てるようになったんです。その頃にオンラインの麻雀番組で『一般の麻雀好きな女性で、麻雀を強くなりたい人を募集』というのに応募して。それで番組に出ながらトッププロの方に麻雀を教えていただいたり、アマチュアも参加できる大会に出場したりという経験をしているうちに、競技麻雀をもっとじっくりやってみたいと思って、プロになりました」