2021.12.09

スピードスケート・髙木美帆の強さの理由。世界記録にも余韻にひたらず、「これができたらカッコいいなと思えることを続けたい」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by USA TODAY Sports/Reuters/AFLO

 12月5日の、スピードスケート・W杯ソルトレイクシティー大会3日目。女子1500mでゴールした髙木美帆(日体大)は自分のタイムを見ると、まだ強豪選手が2組残っているのにも関わらず、両手を広く突き上げて喜びを爆発させた。

納得の滑りに思わず喜びが溢れた髙木美帆納得の滑りに思わず喜びが溢れた髙木美帆  今季、11月のヨーロッパ2大会を連勝して、この大会に臨んだ髙木。アメリカ・ソルトレイクシティーは、標高1423mの高速リンクで記録が期待できる大会。髙木も2019年3月に、この会場で1分49秒83の世界記録を出している。今大会、それには及ばなかったとはいえ1分49秒98の好記録を残した。

「もう1回このリンクで1分50秒を切りたいとコーチと話していたので、(世界記録の)100分の2秒でも切れたのはうれしかった」

 ヨーロッパからこの大会まで1週間空いたのを機に自分の中でモヤモヤしていた体の動きについて、もう一度見直して修正に取り組んだという。

 1500mは髙木の専門種目で、2017~2018年にはW杯種目別総合優勝を果たし、その後の2シーズンは2位と好成績を残している。今季は2シーズンぶりのW杯総合優勝奪還に向けて、順調なスタートを切っていた。

 前日の1000mでも髙木は好記録を出して優勝していた。ゴールタイムはブリタニー・ボー(アメリカ)の世界記録には0秒22及ばなかったものの、1分11秒83と2019年に続く2回目の11秒台にガッツポーズをした。

 このレースには特別、記録などを設定して臨んだわけではなかった。だが、滑り終わって記録を見た瞬間、「世界記録に近かった」と知り、うれしさと悔しさが混ざり合う複雑な心境になったという。ここで手応えをつかんだからこそ、翌日の1500mで1分49秒台を狙うレースができたのだ。