2021.08.29

アイスホッケー池田涼希が語る五輪への道。ラグビー日本代表のように「地獄の合宿に挑戦したらいい」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun

 横浜銀行アイスアリーナの氷上では、横浜GRITS(グリッツ)の練習が始まっていた。

 外は35度の真夏日だが、リンクの中は当然マイナスの世界。そこからは氷上を駆け、体がぶつかり合う音、選手の息遣いが聞こえてくる。選手は、コーチから練習の説明がある時と給水の時以外はほとんど止まらない。重さ10キロほどの防具をつけて、氷上をダッシュし、止まり、相手に当たるのだから相当の運動量だ。

 チームのエースである池田涼希は、FWでゴールを奪う選手。

今シーズンは「得点王も狙っていきます」と話す横浜GRITSのエース池田涼希 写真提供:横浜GRITS今シーズンは「得点王も狙っていきます」と話す横浜GRITSのエース池田涼希 写真提供:横浜GRITS この記事に関連する写真を見る  171㎝と決して大きくはないが、アジリティに優れ、すばやい動きでゴールに迫る。スピーディーに動き、体と体がぶつかり合う様は「氷上の格闘技」とも言われ、迫力満点だ。自分が小学生の頃、アイスホッケーにハマり、試合会場に行って折れたスティックを求めていた頃を思い出した。

「アイスホッケーは、テレビでやっていないし、見て、触れる機会が少ないと思うんですけど、1回見に来てくれると絶対に面白いって思ってもらえる魅力的なスポーツです」

 池田は、そう語る。

 アイスホッケーというスポーツが一躍、注目され、ブームになったのは、もう15年以上も前のことだ。そのキッカケになったのは、木村拓哉が主演した『プライド』(2004年)というドラマだ。キムタクが演じたアイスホッケー選手に魅了され、そのシーズンのアイスホッケーの試合には大勢の人が訪れるようになった。

 だが、時間の経過とともにそのブームは去り、現在、アジアリーグで活動する日本のチームは5チームのみになった。日本の次代のエースの眼には、今のアイスホッケーの世界は、どう見えているのだろうか。