2021.02.08

カーリングの「オタク」富士急・小穴桃里が語る、チームの素顔と魅力

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

富士急
小穴桃里インタビュー(後編)

北海道稚内市で開催されている第38回全農日本カーリング選手権大会(2月7日~14日)。2022年北京五輪の代表選考も兼ねた同大会での意気込みを、有力チームのひとつである富士急のスキップ・小穴桃里に聞いた――。

写真左から石垣真央、小穴桃里、小谷優奈、小谷有理沙写真左から石垣真央、小穴桃里、小谷優奈、小谷有理沙 ――チームのことも少し聞かせてください。選手それぞれ、勤務する富士急ハイランドではどういった部署で働いているのでしょうか。

「主に春や夏の時期には、4人ともエントランス付近の物販・入園エリアで勤務しています。去年は、私と(小谷)優奈は(来場者の)検温や消毒をしながらチケットを売っていました。(石垣)真央さんと(小谷)有理沙はエントランスに入ってすぐのお土産屋さんで働いてしました」

――チームメイト4人、それぞれどんなキャラクターなのか、教えていただけますか。まずは、小谷姉妹の妹・有理沙選手から。

「(姉の)優奈もそうなんですけど、ふたりともすごく真面目です。特に有理沙はすごくしっかりしていますね。私には弟がいて、有理沙と同じ20歳なんですけれど、彼に比べるとだいぶ大人です。真面目な分、集中しすぎているような瞬間があるので、そういう時はいつも『もっと気楽にプレーできるように、先輩として私がしっかりしなくては』と感じます」

――お姉さんの優奈選手はいかがでしょうか。

「真面目な部分は有理沙と共通しているのですが、優奈のほうが(気になることがあると)何でも言ってくれるイメージです。どちらかといえば、有理沙のほうが静かに周りを観察している感じですかね。カーリングでいえば、優奈がノリに乗ると爆発力があるので日本選手権は期待しています」