2021.02.08

「チームの解散も覚悟した」富士急・小穴桃里の壮絶なカーリング人生

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

富士急
小穴桃里インタビュー(前編)

日本の女子カーリング界は近年、「トップ4」と呼ばれる4チームが熾烈な覇権争いを繰り広げている。そのうちのひとつ、富士急でスキップを務めるのが小穴桃里。今回は彼女のカーリング人生に迫る――。

――まずはカーリングを始めた年齢ときっかけを教えてください。

「8歳です。小学校2年生の時に小瀬アイスアリーナ(甲府市)で、山梨県カーリング協会の練習会があって、両親がそこに参加していた関係で、私も初めて体験しました。カーリングのことなんて何も知らなかったんですけれど、ただ(アイスの上を)滑るだけでも楽しかったです」

――そこで、ご自身の意外な才能を発見できたのでしょうか。

「そんなことは一切、ないです(笑)。小さい頃からクラシックバレエをやっていたので、身体が柔らかくて、デリバリーのフォームを早い段階で取れた記憶はありますが、それよりも当時はカーリングをする子どもが全然いなくて、周囲の大人たちから『いいね、いいね。うまいよ』とおだてられて、その気になった――というのが本当のところです」

――クラシックバレエはどのくらいやっていたのですか。

「3歳から14歳までです。15歳から高校のハンドボール部に所属しながら、冬はカーリングやらせてもらっていた感じです」

――ジュニア時代の実績や思い出について聞かせてください。

「よく御代田のカーリングホールで、市川美余さん(現在は解説者)のチームにボッコボコにされていました(苦笑)。中学3年生の時にジュニアの日本選手権に出ていますが、そこでも勝てなかったですね」