2020.08.30

ブラジル出身・魁聖の角界入り経緯。
サンバよりマンガが好きなオタク

  • 武田葉月●取材・構成 text&photo by Takeda Hazuki

向正面から世界が見える~
大相撲・外国人力士物語
第8回:魁聖(1)

◆大ケガを負った栃ノ心が再起できたわけ>>

 4カ月ぶりの本場所開催となった大相撲七月場所。本来なら愛知県名古屋市で行なわれるはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場を東京・両国国技館に変更して開催された。観客も従来の4分の1 となる2500人までとし、厳戒態勢のなかで15日間を無事に乗り切った。

 全力士たちが「不要不急の外出禁止」を言い渡されるなか、「僕はインドア派だから、自粛はさほど苦にならなかったですね」と語るのは、身長195cm、体重201kgという恵まれた体格を誇る魁聖だ。サンバやサッカーにはあまり興味がないというが、現在、ブラジル出身の唯一の関取である。そんな魁聖の、これまでの相撲人生に迫る――。

        ◆        ◆        ◆

 今年2月くらいから、日本でも深刻さが増してきた新型コロナウイルスの感染拡大。僕たち力士は3月の春場所(3月場所)に臨むため、2月20日くらいに大阪に乗り込んだんですが、2月末からは外出禁止などを含めた厳しい規制が敷かれていました。

 春場所は無観客で行なわれたのですが、会場に行く時も公共交通機関の使用は禁止。関取衆の出番に際して、待機が必要になる若い力士は手弁当持参です。コンビニとかで弁当を買うことも許されなかったんです。

 新聞記者などのメディアも支度部屋に入れず、取材は廊下でロープ越しの会話です。土俵に上がると、シーンと張り詰めた空気が漂っていて、なんとも不思議な空間の中での本場所でしたね。

 4月、東京に戻ると「緊急事態宣言」が発令されて、社会的にも厳戒態勢になりました。2週間延期された夏場所(5月場所)は、結局開催が見送られ、七月場所は名古屋ではなく、東京の国技館で開かれることに......。